ひより日和*ハンドメイド

樹脂(レジン)、羊毛フェルト、ヴィンテージビーズや天然石の作品、ワイヤークラフトなど、ハンドメイド大好きウェブデザイナーめぐりのブログです♪

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*03*15 Tue
09:00

心がけ、支援の前に知っておきたいこと、そして祈り。



昨日まで旦那も家にいたので家事と節電とでいっぱいいっぱいでした。


7時半には家族全員布団に入り、家の電気はすべて消しました。


昨日も余震たくさんありました。その間も色々な情報が入って来て、


デマだったり、どれが真実なのか?とかなんでこんな時に


デマが広がるのか…とか…。もやもやとしてました。


節電も電気はためておく事ができないので一番ピークの時間に


使わぬよう、朝昼晩ご飯を一気に作ったり、うちは電気が止まると


水道も止まるので(マンションの水の供給にポンプを使うため)


トイレもその時間は控えよう、とか(お腹の緊急時のためにお風呂の水は


常にためておく)、献血も最初は殺到して足りるけど二週間後とか


急に足りなくなったりするそうで(で、デマじゃないよね…)


様子を見て定期的に行こう、とか、小さな心がけだけどコツコツと。


「首都圏で品切れ相次ぐ=買い占め殺到、供給も遅れ」


だそうですが、電気やガスを使わないいざというときのための蓄え以外の


今家にある食料を食べてればいいやと思って買い物には行ってません。


今日は停電こっちもなるかな?計画停電、実施されないことを


肩すかしとか思わず、東電さんがギリギリで回避してくれてる事、


とても有り難いと思います。でも被災地は避けて欲しいって


想いは変わりません。どうぞ東電さん、宜しくお願いします。





以下はmixiニュースのコピペですが、


役に立ちたい気持ちが先走り、迷惑をかけぬよう、


最低限、知っておきたい知識です!


復興までの長い道のり、長い目で応援しましょう。





被災地ボランティアに行く前に

「一人でも多くの人を助けたい」「現地で炊き出しを手伝いたい」などと
アツい気持ちを持つのはいいのですが、被災地ボランティアの経験や
医療やカウンセリングなどの技能もなく被災地に行っても、
かえって現場を混乱させてしまいます。
また、今もなお余震や津波が続く被災地に単独行動で乗り込むのは
非常に危険。やみくもに現地入りして“ボランティア難民”にならないために、
ボランティア支援団体などが発表する情報を確認してから
行動するようにしましょう。



被災地に支援物資を直接送らない

水や食料、毛布、衣服、おむつ……被災地ではさまざまな物資が
不足しています。「うちに余っているものを送れば役に立つかも!」
と思う人たちもいるでしょう。でも、少し立ち止まって想像してください。
何が入っているのかわからない段ボールが山のように届いたら、
箱を開けて中身を分類するだけでも大変な作業になってしまいます。
実際に過去の大震災の時には、市職員の方などが支援物資の整理のために
徹夜をしたり、食品などが腐って廃棄せざるをえなくなることもあったそうです。

支援物資を送る時には、必ずしかるべき機関を通すようにし、
「現地に直接送らない」「生モノは送らない」「洋服(女物)など
内容を分ける」「箱に内容を書いておく」ことを最低限守りましょう。
また、衣服や毛布などを汚れたままで送るのは絶対にやめてください。
現地の人に必要なもの、役に立つものを確かめてから
行動するようにしたいものです。



募金活動をして義援金送るには

必要なときに必要なものに使えるお金は、被災地にとってとても重要な
支援のかたち。また、今回のような大規模災害は、
復興にとても長い時間がかかることが予想され、
復興には想像を絶する資金が必要になります。
ちなみに、阪神淡路大震災時の被害総額は10兆円と言われており、
日本の国家予算(約85兆円)の約8分の1程度にものぼりました。

すでに各企業や団体、そして街角での募金活動などが
はじまっていますが、募金先に悩むなら日本赤十字社に
送るのが良いでしょう。郵便局で「東北地方太平洋沖地震のために、
日本赤十字社に募金をしたいです」と言えば、
専用の振込用紙(手数料は無料)をもらえます。
また、街頭募金をしたい人は、NPO法人『Brain Humanity』の
ブログで公開されている『街頭募金マニュアル』が参考になりそうです。

復興には長い時間がかかることを忘れない
被災地の復興には、非常に長い時間がかかります。
支援が必要なのは今だけでないことを忘れないことは、
おそらく何よりも大切なことです。できるときにできることを、
そして必要とされている支援を提供することを、
冷静に考えて一人ひとりが取り組むことが大きな力になるはずです。
被災地から遠く離れて、無力感にさいなまれるよりも、
一か月後、一年後にも被災地への支援を続けていきましょう。



被災地ボランティア・支援物資送付について

日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

東京ボランティア・市民活動センター
http://www.tvac.or.jp/page/urgent_guideline.html

全国ボランティア・市民活動振興センター
http://blog.goo.ne.jp/vc00000/

京都府災害ボランティアセンター
http://fu-saigai-v.jp/saigaiv/cgi-bin/saigaiv.cgi?template=about.html


街頭募金について

NPO法人BrainHumanity公式ブログ「今日の事務局」―街頭募金マニュアル
http://d.hatena.ne.jp/brainhumanity/20110313/p3






0315b.jpg

日本は頑張れる。みんなで頑張ろう。これ以上被害がないよう祈ります。




ブログ村レジンアクセサリーへ ブログ村オリジナルハンドメイドへ


スポンサーサイト
*
○2011/03/15○
温かいコメントありがとうございました!

さきほど隣の静岡で震度6でした。
こちらも7階ということもありかなり揺れました。

上の岐阜県も2週間前から地震が置き続けているのでつぎは愛知か!と落ち着きません・・・。

今日バイト先では昨日一昨日から続く「品切れ」が続いてます。「水・お茶・懐中電灯・電池・ティッシュ・レトルト食品・カップ麺」等はかなり買い求める方が殺到して混乱中でした。


めぐりさん、計画節電で色々と大変でしょうがお体壊さず頑張ってくださいね!!!><
子供達もさぞ怖がってるでしょうね;;

[ 編集 ]
○2011/03/16○
昨日の静岡震度6、、怖かったですね(;_;)
ここずっと我が家は20時消灯なので地震が起きた時
もう朝!?って思いました(;_;)
こっちは震度4だったようです(;_;)

今被災地以外の買い占めが問題になってますね。
小麦粉を買いに行ったら色々な物が売り切れてました(- -;;;
私だけは絶対買いだめとかしない!って思ってますが…
みんなもそう思って欲しいのが本音です(;_;)
にゃにゃちゃんも旦那様がお仕事のときなど
心細いと思いますが、一緒に頑張りましょうね!!
子供達はゲームしたりマンガ読んだり幸せそうです(笑)
子供のトラウマになっても行けないのでテレビ消してるんで
(私はニコ動でNHKみてますが)余震楽しそうにしちゃって
なんだかな…って感じです(- -;;;でもこれでいいんだと思います。
子供はとても繊細なので…うち位鈍感でちょうどいいです(笑)
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

めぐり

Author:めぐり
ハンドメイド大好き横浜に住む
ウェブデザイナー(一応)の
めぐりです!
ウェブデザイン、ロゴデザイン、
イラストなどのお仕事を
フリーランスでやっていました♪
現在は一姫二太郎のママとなり
デザインなどの仕事は在宅で
できる範囲でやっています♪
普段はハンドメイド作品の製作と
ママ業がメインです(^ ^)
家具職人の娘なので
クラフト魂は熱いです(笑)
宜しくお願いします♪

マイオークション
出品中
ランキング検索サイト
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
9684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
2215位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。